読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリースタイル

歌好き・声フェチ・食いしん坊・編み物マニア・活字中毒で貴腐人ぎみな人がフリースタイルに下書き風味でお届けするブログです。

櫻井孝宏さんの恩師、三ツ矢雄二さんは、やっぱり素晴らしかった件

少し、はてなブログさんにも馴れてきたので、ディープな文章、行きます。

所謂、苦界、と表されるような、困難極まる社会の荒波の中、懸命に苦しみ、懸命に働く、生きている事そのものの壮絶な価値に比べれば、
赤いものを好む、
赤いものよりも青いものを好む、
青いものを好む
赤も青も好む、
赤も青も好まない、
そういった関心の向きなど、芥子粒ほども、価値判断の基準とはならない。

相手が男性であれ女性であれ同性であれ異性であれ、思いやりのない態度を、優しさ、即ち、傍らにある人の憂いを想像することを欠くような態度を、失礼な態度を、相手にぶつけたり強要してしまったならば、それは、人間的価値に影響するところだけど、心は自由でしょうよ、

と、内心、長いこと、思ってきた。

素晴らしい声優の三ツ矢雄二さんが、この度、実に明るく爽やかに、カミングアウトされた、と伺った。
カミングアウトの時期を、ご家族の退職を慮って決められたことや、昼間の番組で明るく語られていること、諸々のエピソードに、明るく爽やかな印象を受けました。
お人柄。生き様。思いやり。そういうことが大事。青でも赤でも、好きな色のことは、二の次三の次。

さすがは、私の大大大好きな声優・櫻井孝宏さんの恩師でいらっしゃる!!!(代々木アニメーション学院にて)(久々に「タッチ」の達也の声を聞いたら、いや、もう、櫻井孝宏さん演じる様々な役との共通項が垣間見られて、ヒャッハーって感じだったです。技が継承されておられることに感謝しかないです)

ともあれ、何が言いたかったかと言うと、
心は自由。
態度には思いやりを。
ということです。個人的信念です。人様がどう考えようと、そんなことに干渉する気は一切なし。

でもね、
ヘイトスピーチで伸し上がった人が大統領になってしまったり、
負の情報刺激によって注目を集めようとするプロバガンダを再々目にしたり、
とにかく、そういう、
心の自由をギュウギュウに締め上げて、
且つ、人権を侵害するようなものが垂れ流されている事態に遭遇するにつけ、
言わないと、言わないと、と感じます。